ブログ

絶えず生じる「株価バブルの崩壊」

2022年2月23日付けのブログ、「日経平均が下降トレンドに入る兆候を二つの曲線で見つける方法」で、株価の成長は上に凸の曲線(v線)と下に凸の曲線(d線)のふたつがあるという話をしました。そして、このふたつの曲線の交差点が「いずれ崩壊するバブルの発生点」と捉えることができます。バブルは小さいものから大きいものまで、いつかどこかで必ず発生します。私は日経平均の他に、個別銘柄としてブリヂストン、資生堂、三菱UFJ、トヨタ自動車、ソフトバンクの日次終値をモニターしていますが、ブリヂストンでバブルが発生していますので紹介します。

ブリヂストンの日次終値(2022年4月7日~)
株価は通常、上に凸の 「v線」に沿って成長しますが、ときどき下に凸の 「d線」に沿い始めることがあります。
バブルは大きさの差こそあれ、現れては消えを繰り返しますが、その発生ポイントが 「v線」と「d線」の交差点です。
ふたつの線を描く方法については2022年2月23日のブログをご覧ください。

おわり

記事一覧へ戻る

contact us

ご質問、具体事例に関する資料のご請求はお問い合わせページよりお願いします。

contact